人はみな生かされて生きていく

愛の一声運動

  「愛の一声運動」は、毎月数回登校時間帯に各中学校の校門前で子どもたちを見守り、「おはようございます」の声かけをしています。

愛の一声運動

(平成31年3月発行 広報紙みのお更女86号より抜粋)

9月

  7月の統一活動日が中止になり、3ヶ月振り2学期最初の愛の一声運動。初日は傘をさして、2日目は暑く感じる朝陽を浴びての登校でした。ほとんどの生徒たちと元気な声で「あいさつ」を交わせました。声を出さなくても頭をちょっと下げる、笑顔で通り過ぎる。
 更女の活動が無駄でないことを改めて感じる45分でした。今週末は文化祭、10月は体育祭と大きい行事が続きます。何事もなく無事に終わることを願います。   

10月

  今日は秋の深まりを強く感じる冷えこんだ朝でした。よく降った雨で順延された運動会も無事終わり生徒の皆さんは元気に登校して来ます。いつもながら人数の多さに圧倒されます。大きな声であいさつする子、にこっと笑うだけの子、恥ずかしいのか下を向く子、チャイムぎりぎり走る子もいます。だんだん寒くなっていきます。風邪をひかないように頑張ってほしいと思います。   

11月

  立冬を迎えたというのに穏やかな小春日和の朝となりました。
 三年生は明日の音楽会の練習のため早くに登校、一・二年生への愛の一声運動となりました。今朝は女子バスケットボール部の生徒たちが自主的に参加してくれて、元気に声をそろえて挨拶を交わし、微笑ましい素敵な朝になりました。

 今シーズン一番の冷え込みの朝、あいさつ運動の日を迎えました。防寒着をきっちりと着込んだ生徒の中にカッターシャツで登校してくる元気な生徒もいました。
 大きい元気な声であいさつを交わし、私たちも清々しい気持ちで一年のスタートを切ることができました。

2月

 小雨交じりの寒い日でしたが先生や多くの生徒たちが参加。
元気な「おはようございます」の声が響き渡り活気あふれる朝となりました。
 東門側に自転車道が出来、以前より通りやすくなり門の前で声がけをしてもらっている安心感なのか、生徒たちは左右を確認せず思いっきりスピードで道路を横断している人が多く気になりました。