人はみな生かされて生きていく

箕面地区協力雇用主会

  協力雇用主会は、犯罪や非行をした人を雇用し、立ち直りを助ける民間の事業者の集まりです。

  雇用の対象は保護観察を修了した人です。犯罪や非行をした人の更生には、地域の受け入れや仕事があることが何より大切です。仕事をすることで生活が安定すれば、再び犯罪に走ることも防げます。  

平成29年1月現在、59社で構成されています

更生保護にご理解のある企業・事業所のご加入を求めております。

  •  箕面市内にて事業所がある企業で、建設業、飲食業、介護関係、ビルメンテナンス、クリーニング業、空調水道工事関係、運送業、自動車販売修理業、一般販売業、電気工事など、その業種は多岐にわたっています。
  •  箕面市においても、箕面地区協力雇用主会及び箕面地区保護司会とで3者協定を締結し、雇用の受け入れを行っています。
  • 箕面市役所でも保護観察修了者を雇用しています。

  • 法務省が再犯防止対策として、保護観察修了者等を雇用した協力雇用主へ奨励金制度を創設しました。
    今後、箕面地区協力雇用主会も活動の充実を図っていきます。

 協力雇用主会が就活支援をして職場を得、現在立派に更生をし、活躍しています。